ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

しょぺの日常。

来て下さってありがとうございます!ここではガチャガチャ、ガンプラ、その他プラモデル、フィギュアなどをゆるーくレビューしてます。男性や女性、お子さまへも楽しんでもらえるような記事を心掛けているつもりですので皆様に少しでも楽しんでいって頂けると嬉しいです。《読者の方々、いつもありがとう^ ^》※当ブログでは、ガンプラに関してはキットの元々のプロポーション、可動、良さをお伝えしたいので、塗装やパーツ処理、改造などは基本行なっておらず、素組みで仕上げております。ご購入時の参考にして頂けると幸いです。

Figure-rise LABO ホシノ・フミナ レビュー

Figure-rise LABO ホシノ・フミナのレビューです。

f:id:shope1021:20191022235533j:image

 

皆さまご無沙汰しております。

約1年ぶりのブログ更新です。

1年間更新出来ず、ほぼ放置状態と言っても過言ではございませんでしたが、それでも多くの方が当ブログへ来て下さり、読者様になってくださった方も数名おりました。

この場をお借りして、お詫びと感謝をさせて下さい。

皆さま本当にありがとう!!

 

以前のように毎日更新は出来ないと思いますが、今後は自分のペースで更新していければと考えておりますので、どうぞこれからも当ブログ『しょぺの日常。』をどうぞ宜しくお願い致します。

 

前置きが長くなりましたが、早速のレビューをしていこうと思います。

今回レビューするFigure-rise LABO ホシノ・フミナは再販版という事で服の色が変更されたり、砂浜シートが付属、また初版版を持っていないので比較する事は出来ませんが、切り取ったゲート痕が目立たないように全体的にゲートの接点を細かく加工が施されているとの事。

 

まずパッケージがこちら。

正面&横

f:id:shope1021:20191022234722j:image

後ろ
f:id:shope1021:20191022234726j:image

開封するとこんな感じにパッケージングされておりました。

もうこの時点でプラモデルというよりはフィギュアであるような雰囲気を醸し出しております笑

f:id:shope1021:20191022234839j:image

 

続いてランナーの紹介

まずはこのキットの一番の目玉であろうAパーツ

f:id:shope1021:20191023000550j:image
f:id:shope1021:20191023000554j:image

レイヤード成形により、肌の持つ赤みや、陰影の美しいグラデーションをパーツの厚みで再現されたパーツとのこと。

写真でも十分その技術がお分かり頂けるかと思いますが、やはり実際に手に取ってみるとそれが驚きを通り越して感動までする程です。

ちなみに、このパーツすごく重い。。笑

プラモデルとして考えればこの手のパーツって肉抜きがされていてスカスカのイメージなのですが、これに関しては密度が半端ないです笑

足のパーツなので重心を下に持ってきて安定させる為にも当然と言えば当然なのでしょうけど、それでも本当すごいの一言。。

 

続いて、同じくレイヤード成形のBパーツ

f:id:shope1021:20191023001147j:image
f:id:shope1021:20191023001151j:image

もうね、腰のパーツなんて本物の肌ですよ。。

ここまで来ると狂気すら感じる。。

バンダイさんの本気度が伺えますね。

これはプラモデルなんかではなく、自分で作るフィギュアなんだ!と、、

 

この技術の凄さを写真で少しでも感じて頂こうと、AパーツとBパーツを近距離で撮影してみました。

f:id:shope1021:20191023001346j:image
f:id:shope1021:20191023001350j:image

 

続いてフィギュアライズバストシリーズでもあった、レイヤード成形の顔パーツのCパーツ

f:id:shope1021:20191023001545j:image
f:id:shope1021:20191023001541j:image

これに関してはフィギュアライズバストシリーズで見慣れていると言えば見慣れておりますが、それでもやはりすごいの一言。

 

続いて目のパーツや服のチャック部分に当たるDパーツ

f:id:shope1021:20191023001805j:image

目の部分はレイヤード成形で、チャック部分等は光沢がかかっております。

 

このキット内で一番カラフルなEパーツ

f:id:shope1021:20191023001951j:image

髪の毛部分は艶消し、服の部分はテカテカと光沢がかかっております。

シュシュ?のピンク色が凄く鮮やかでいい色ですよね!!

 

腕のパーツに当たるF1パーツ

f:id:shope1021:20191023002050j:image

このパーツに関してはレイヤード成形ではなく通常成形

これこそ見慣れたザ・プラモデルという感じでランナー自体もとても軽いです。

ただ、成形の細かさはハンパない。

爪の再現や肌の感覚もとてもよく再現されております。

ある意味、本物の肌より肌っぽい笑

 

最後に台座のF2パーツと砂浜シート

f:id:shope1021:20191023002455j:image

クリア成形や細かい成形により、水しぶきの感じがとてもよく感じられます。

砂浜シートを使えば更に浅瀬の感じがよく再現されます。

ただ、この砂浜シートは悪く言ってしまうとただの厚紙。笑

誤って破ってしまわないように注意ですね。

 

以上の7ランナー+砂浜シートという割とシンプルな構成です。

f:id:shope1021:20191022234820j:image

シール類は入っておらず、全て成形色のみであのパッケージのホシノ・フミナを再現出来るという事。

塗装が苦手という素組派の方にとても優しい設計。

勿論、塗装派の方は服の色を変更したり、グラデーション塗装をして更に人肌に近付ける事もいいと思います。

 

説明書
f:id:shope1021:20191022234801j:image

表面は全てカラーになっております。

裏はモノクロですが、作成手順がとても分かりやすく記載されておりますので、間違う事は無さそうです。

 

さて、それではいよいよ完成品をお披露目。

今回は一応ガンプラ、、なのかな?

ですが、稼働箇所と言えばポニーテールの髪パーツがボールジョイントで回転するくらいなので、ここからは角度を変えて写真を何枚か

f:id:shope1021:20191023004155j:image
f:id:shope1021:20191023004130j:image
f:id:shope1021:20191023004159j:image
f:id:shope1021:20191023004142j:image
f:id:shope1021:20191023004127j:image
f:id:shope1021:20191023004145j:image
f:id:shope1021:20191023004123j:image
f:id:shope1021:20191023004205j:image
f:id:shope1021:20191023004208j:image
f:id:shope1021:20191023004138j:image
f:id:shope1021:20191023004151j:image
f:id:shope1021:20191023004135j:image

 

如何でしたでしょうか?

これ、、プラモデルなんですよ。。

本当信じられないですよね?

服のパーツはグロスインジェクションで光沢感が

肌や髪のパーツは艶消しが

台座はクリア成形&砂浜シートで再現

そしてなにより足やウェストパーツはレイヤード成形でまるで本物の肌のよう。。

わざと写真ではゲート痕が見えるようなアングルでも写真を撮っておりますが、この目立たなさ、、

あえて言うならばふくらはぎの内側にあるゲート痕が少ーしだけ見えるくらい。

十分過ぎるほど十分だと思います。

前述したように、初版版を持っていない為比較は出来ませんが、個人的にはこちらのカラーの方が好きです。

服が黒いのでグロスインジェクションが際立ちますし、何より肌の質感が強調されてとても満足です。

 

初版版が販売された時は生産が追い付かずプレミア価格が付いたりしておりましたが、今回の再販版に関しては割と落ち着いていて定価で購入出来るかと思います。

そしてこのフィギュアライズラボシリーズ、、

続編としてあの初音ミクの販売が決定しております。

作っていてもとても楽しく、出来上がりもとても満足な同シリーズのキット。

今後にも期待ですね!!

購入しようかどうか迷っている方、、時間の無駄です。

是非購入しましょう笑

それではまた次の記事でお会いしましょう。