ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

しょぺの日常。

来て下さってありがとうございます!ここではガチャガチャ、ガンプラ、その他プラモデル、フィギュアなどをゆるーくレビューしてます。男性や女性、お子さまへも楽しんでもらえるような記事を心掛けているつもりですので皆様に少しでも楽しんでいって頂けると嬉しいです。《読者の方々、いつもありがとう^ ^》※当ブログでは、ガンプラに関してはキットの元々のプロポーション、可動、良さをお伝えしたいので、塗装やパーツ処理、改造などは基本行なっておらず、素組みで仕上げております。ご購入時の参考にして頂けると幸いです。

デジモンリブート オメガモン レビュー

f:id:shope1021:20181002173652j:image

本日はバンダイさんより発売されている、デジモンリブート オメガモンのレビューです。

こちらはプラモデル商品で、「メカニカルなフォルムと生物的な躍動感を兼ね備えた、いわば究極のデジモンとも言うべき新ブランド"デジモンリブート"が誕生。メカニカルアレンジと、広い可動範囲が生む高いポージング。これにより機械的な面と生物的な面、どちらの性質も併せ持つデジモンならではの魅力を追求するシリーズ。」だそうです。

あの当時、デジモンのおもちゃは沢山ありましたが、まさかプラモデルのオメガモンを作成出来る日が来るとは、、夢にも思いませんでした!

 

先日行きつけのホビーショップに行った所、たまたまこの商品が置いてあって、購入するつもりはなかったのですが、つい。。笑

デジモンど世代のしょぺさんの辞書には「我慢」の2文字は当然ありませんでした。笑

 

ではいつも通り早速中身の確認〜。。

と言いたいのですが、ここで問題発生!

なんと、開封時の写真を撮り忘れるという凡ミス!

このかっちょいいパッケージから少しでも早く作成したくてフライングしてしまいました。。汗

ですが途中で気付いたのでそこの写真から。。

f:id:shope1021:20181002174111j:image

セット内容はランナー数10枚、シール1枚と説明書も1枚です。

ランナー状態からでも見てお分りいただけますように色分けが本当すごい。

1部シールでの色分けですが、メタリック成形色やクリア成形色もふんだんに使われており、組み上げるだけでほぼ設定通りのオメガモンを再現できるみたいです。

 

では完成品を!

f:id:shope1021:20181002182302j:image
f:id:shope1021:20181002182305j:image
f:id:shope1021:20181002182259j:image
f:id:shope1021:20181002182308j:image

色分けが素晴らしい!

オリジナルのアレンジが全身に施されていてすごくいい感じ。

めちゃくちゃかっこいいです!

肩のブレイブシールドはメタリックシールの上にクリアパーツをつける仕様なので、光の当たり具合によってキラキラと輝きます。

 

エッジの効いたデザインになっていてメカメカしさが出ていたり、モールドが追加されて情報量がかなり上がってますね。

アニメだとどちらかというと生物よりな描写でしたが、このデザインのオメガモンはガンダムのようなロボット系な印象ですね!

賛否両論ありそうですが、個人的に私はこちらのデザインの方が好きです。

箱に描かれているアニメのデザインもご参考までに載せておきます。

f:id:shope1021:20181002182351j:image

うーん、、やはりだいぶ印象が違いますね。

また別なデジモンと言われても違和感が無いほどの大胆なアレンジですね!

 

f:id:shope1021:20181002183954j:image

HGガンダムと比較するとこんな感じ。

背丈、横のボリューム共にオメガモンには遠く及びません。笑

このオメガモンの存在感、、めちゃくちゃすごいぞ!

 

続いて可動範囲。

f:id:shope1021:20181002184652j:image
f:id:shope1021:20181002184649j:image
f:id:shope1021:20181002184646j:image

f:id:shope1021:20181002184656j:image

腕は左右ともに90度程まで曲げられます。

肩アーマーはボールジョイントで接続されているので少し表情付けする事も出来ます。

足は二重関節なのでここまでの可動範囲を実現しています。

かなりよく動く印象。

f:id:shope1021:20181002184643j:image

f:id:shope1021:20181002184900j:image

腕はこれ以上上がりませんが、足がかなり開きます。

腰回りが干渉するようなデザインではないのもありますが、かなり優秀な股関節。

更に限界まで仰け反らせてみました。

腰関節にもボールジョイントが採用されているので、ある程度は上半身を角度付けする事も可能。

 

さて、気になるマントは、、

f:id:shope1021:20181002185313j:image

このように開くことが可能で、、

f:id:shope1021:20181002185410j:image

縦に動かす事も出来ます。

このマント、大きさはかなりあるのですが、そこまで重さはなく、ヘタって落ちる事なくこの状態でしっかり保持してくれます。

これによって様々なポージングが付けられそうです。

 

f:id:shope1021:20181002185807j:image

付属品です。

意外と付属品は少なめで、ガルルキャノン用の差し替え砲身パーツ、グレイソードの差し替え刀身パーツ、アクションベースへ接続するためのパーツと、、

よくわからないチップのようなパーツです。笑

このチップ、三次元コードが載っていて、これをスマホで読み込むとデジモンウェブに繋がるそうです。

うーん、、これに関するとやっぱりよくわかりません。笑

 

さて、いよいよポージングです。

f:id:shope1021:20181002190342j:image

f:id:shope1021:20181002190407j:image

f:id:shope1021:20181002190450j:image

f:id:shope1021:20181002190722j:image

f:id:shope1021:20181002191030j:image

ガルルキャノン展開!

f:id:shope1021:20181002191100j:image

f:id:shope1021:20181002191149j:image

f:id:shope1021:20181002191249j:image

ブレイブシールド!

f:id:shope1021:20181002191420j:image

グレイソード!

f:id:shope1021:20181002191630j:image

f:id:shope1021:20181002191735j:image

f:id:shope1021:20181002191759j:image

f:id:shope1021:20181002192331j:image

 

以上、デジモンリブート オメガモンのレビューでした。

 

いやぁ、もうね、、色分けから造形から素晴らしいの一言です!

しょぺさん大大満足です!

まさかプラモデルでここまで再現してしまうとは。。

しかもがっつりアレンジまで施されてアニメのオメガモンより数倍カッコよくなってます!

個人的に思うのですが、デジモンのフィギュアってそこそこ価格しませんか?

欲しいと思っても元の価格が高かったり、プレミアが付いたりでなかなか手を出せない方も多いかと思います。

そんな方へはこのデジモンリブートのオメガモンのプラモデル絶対おススメです!

フィギュアに比べてとてもリーズナブルな価格で購入出来て、自分でオメガモンを組み上げる工程を楽しみ、完成すればこの大ボリュームのサイズ感でこの再現度ですからね!

デジモンファンならこれはもう絶対買わない手はないですよ!

 

にほんブログ村 コレクションブログへ
にほんブログ村